2014年3月25日火曜日

&15 信水鷺人 作  黄昏信水(七言絶句平起) 近体詩

黄昏信水(CG)
絵画へ)

黄昏信水岸 堤上詩碑薄穗
昔日淵明今是 花中酒眺

「黄昏の信水 岸邊閑たり、堤上の詩碑 薄穗(はくすい)の閒。
昔日の淵明 今是に在り、花中に酒を酌みて 東山を眺む。」

黄昏時の信濃川の岸辺はひっそりとしていた。
ススキやノギクなどの秋草が咲き誇る堤防に上がり、
いつものように三島億二郎の詩碑の傍に腰を下ろす。
暮れ行く東山連山を見渡し、紫紺に染る鋸山の頂を望む。
持参したワンカップの蓋を開く。飲むほどに酔いがまわり、
いつしか古の陶淵明にも似た気分になってくる。

0 件のコメント:

コメントを投稿